BLOG

122

走行会前に♪ちょっとCM

皆様、7/7 七夕の今日 いかがお過ごしですか?
走行会まで残る所11日、メンテンスはお進みでしょうか?
ちょっとお時間頂きまして、今、2輪業界の走行会や
4輪のレース界で流行りのアイテムをご紹介します。


サーキット走行中のLAPタイムをリアルタイムに表示でき
さらに、走りながらBEST LAPの更新が画面の色で確認できる
優れたLAPタイマー機能を備えた、

QSTARZ のGPSラップタイマー LT-6000S

(4月にモデルチェンジし、新しく 別体アンテナが対応になりました。)

GPSだけでなく、Gセンサーを備えているので
走行中だけでなく、走り終わったあとも PCに接続し、
無料のアプリにて走行データの分析が可能です。

今では BLOOD SPORTS で参戦するレース車両にも
QSTARZ GPS LAP TIMER  LT-Q6000 は
欠かせないパーツになっています。

走行データが貯まってくると過去データと比較し
今回の走り、そして他の人からデータを貰えば
バーチャルでその人と走りを比べる事も出来ます。

また、オンボード映像があれば 無料で使用できる、ビデオ合成ソフトで
画面にメーターが合成された映像も制作が可能になります。

他にも、GPSを使用するのでサーキットなどの周回コース
だけではなくツーリングなどで走った軌跡を
記録したり、オリジナルのコース設定が可能です。

じつは、その機能を利用して

今秋開催の 「京都ヒルクライム™」にも

公式計測装置として QSTARZ LT-6000S が採用される事になりました。

モータースポーツ、走りの楽しみが広がる
GPSラップタイマー QSTARZ LT-6000S を

ぜひ、検索してみてください。

「Bloodsports QSTARZ」で検索を♪

お買い求めはコチラから。

今ならキャンペーンで【送料無料・別体アンテナ付き!】

http://www.bloodsports.jp/product/32



#BLOODSPORTS
#QSTARZ
#LT_6000S
#京都ヒルクライム
#kyoto_hillclimb
#Bloodsports走行会
#SRファクトリー走行会
#ブラッドスポーツ走行会
#ブラッドスポーツは京都ヒルクライムに協賛しています
#七夕

こちらが 京都ヒルクライム™️ の
イベント広場に使う場所です。

 

メッチャ広いです。笑

 

先日、京都ヒルクライム™️のコースの下見と、計測器に使う

QSTARZ GPSラップタイマーのコースデータ資料採取のため
高雄パークウェイに行って来ました。


京都の街中、嵐山から10分も
かからない場所にあるこの公道を
使用して競技を行います。


レーシングカー、クラシックカー
スーパーカー、ショップデモカーが
普通の峠を走るなんて、
楽しみでしょ!



幾つかある、観覧席には
ネーミングライツがあり
5-60人程収容できる
その一つを募集しているそうです。
ご興味ある方は是非お問い合わせを♪

 

京都ヒルクライム Official site

http://special-stage.racing

 

‪#‎bloodsports‬ ‪#‎京都ヒルクライム‬
‪#‎kyoto_hillclimb‬ ‪#‎俺のヒルクライム‬
‪#‎QSTARZ‬ ‪#‎lt6000s‬ ‪#‎lt_q6000‬
‪#‎高雄パークウェイ‬
‪#‎ブラッドスポーツは京都ヒルクライムに協賛しています‬

 

今年もやります!海の日恒例の!! BLOODSPORTS®

2016年SR Factory スポーツドライビング走行会 Rd.2 inOKAYAMA



開催日次 2016年7月18日(月) 

2016SRファクトリー
スポーツドライビング走行会 rd.2 @岡山国際サーキット


今年もやります!海の日は岡山国際で♪

今回も、フリー走行+タイムアタック+模擬レースの計3本。
模擬レースは車両クラス別の表彰も行います。

参戦費用 24,000円 

(定員が埋まり次第、受付けを終了いたします)

暫定スケジュール

【1】フリー走行 10:30-11:00
【2】タイムアタック・予選 12:35-13:05
【3】模擬レース決勝 14:35-15:05

※ジャンケン大会はキャンセルして
各種、賞典をご用意致します♪


どんな賞が当たるかはお楽しみ〜!!

くわしくは、追って更新いたします!

 

ご来場いただきました方もサーキット走行体験ができる企画も
 ございます。乗車定員まで同乗走行が可能です。
この機会にぜひ、コース内から見える風景をご堪能ください。

 

引き続き、ブレーキパッド割引特典も行ってまいります♪


開催日程:2016年7月18日(月・祝)
開催名:SR FACTORY走行会Rd2inOKAYAMA
開催場所:岡山国際サーキット
参加資格普通免許をお持ちの方で走行マナー、ルールを守れる方
※スタッフの指示に従わない方は、走行をお断りする場合がございます。 
 ・参加車両 3点以上のベルトを備えている一般車両
(ナンバー無・レースカーも参戦可能・フォーミュラカー等は不可)
・装備 ヘルメット・グローブ・長袖・長ズボン(レーシングスーツが好ましい)
・装備等 ガムテープ・工具等
募集台数:50台
受付開始:2016年6月10日(金)
受付終了:2016年7月10日(日)必着
※但し定員になり次第締め切りとさせて頂きます。
その際手数料を差し引きまして、ご返金させて頂きます。
  
参加料:

フリー走行+タイムアタック+模擬レース 30分×3  24,000円
※参加料にはタイム計測費用含む。 ※表彰有り

 申込先:〒617-0845京都府長岡京市下海印寺方丸47-3
(有)エスアールファクトリー モータースポーツ部 

振込先:京都銀行  長岡支店 普)3756888
有限会社エスアールファクトリー

クマケン & ブラッドスポーツ レーシング として1年間、準備を重ね、ついに待望のフル参戦エントリー。
2016シーズンはS耐25周年、過去最高台数のエントリー、TV放映など 絶頂のタイミングとなるが

残念ながら、途中ミッショントラブル交換により完走を果たすも
規定周回未達のため順位認定とならなかった。

 

 

■大会概要 大会名:茂木スーパー耐久レース5時間

開催地:ツインリンクもてぎ(一周:4.801km)
開催日:4/2~4/3(日) 来場者数:11,000人

■チーム クマケン & ブラッドスポーツレーシング
 隈元建設✕BSR WM☆Vitz
 ドライバーラインナップ A 松尾充晃 B 三木貴浩 C 大岩浩気

■ツインリンクもてぎサーキット・レビュー
4/2(天気:曇りのち小雨 コース状況:ドライ)
予選50位/62台 ST5クラス 4位/13台
4/3(天気:曇り コース状況:ドライ)
決勝 ST5クラス 完走84周回:順位認定ならず
(規定周回86周・周回数未達)/ 13台




【Day1】:公式練習

2016シーズン 新しいカラーリングとチームロゴが
もてぎのピットに映える。

隈元建設✕BSR WM☆Vitz は
昨年スポットの岡山ラウンドから事前の公式テストでも
悪くない位置で走れる良い感触を残していた。

全部で3回の走行枠をST5クラス2位 2'19.918 のタイムで終了。

そしてベストタイムを刻んだのは
今回Cドライバースポット参戦の 大岩 浩気選手
昨年からVitzレースでレースデビュー、
ここ茂木ではスポットのFitチャレンジカップで表彰台に登った事もあり
コースとの相性の良さに加えキラリ光り
ポテンシャルの高さを表に出した。


【Day2】:公式予選

パワーで勝るFit3勢には一発のタイムが劣るのは織り込み済み。
軽量のマシンでタイヤの負担を減らしつつ、
決勝で順位が入れ替わった時にキッチリと賞典内に継ぐ
位置をキープできるか否かが今回のキーポイントだ。

 


TOTAL 4'38.736(A/B合算) ST5クラス 4位/総合50位

クラス上位
1. No.4 THE BRIDE FIT : 4'35.520
2. No.69 BRP★J'S RACINGホンダカーズ浜松北みきゃんFIT :4'37.915
3. No.19 BRP★J'S RACINGホンダカーズ三重北FIT :4'38.290

■Aドライバー 松尾 充晃 選手 2'19.726

気合タップリでのぞみ挑んだアタックラップで赤旗、
ベストラップ幻の18秒台を抹消 再開後、再び挑んで13台中、 クラス5番手。


■Bドライバー 三木 孝浩 選手 2'19.060

パラパラと降る雨によりウェット宣言が出されたものの
路面は食いつき、キッチリと仕事をする所が流石。
もう少しタイムアップを狙うが上位クラスのクルマに
引っ掛かり余力を残しタイムアタックを断念。
ST5クラス Bドライバー 3番手

■Cドライバー 大岩 浩気 選手 2'19.320

引き続きドライでタイムアタック。クラス3番手 予選タイムに計上されない
Cドライバーだが、キッチリと他の2人とほとんど 変わらないタイムを出し、
いつでもレギュラー参戦が可能な実力を見せ
決勝に向かってコマをすすめた。

==========

決勝日の天気予報は午後1時に降水確率30%
雨が降れば、フィット勢に対してパワーの劣るVitzの 勝率は上がる。
いずれにせよ、ピットストップを含めたチーム総合力が求められるため
決勝に向けてセットアップ、装備へメカニックの夜はふける。

まだまだこれから、精一杯、一年生チームは知恵を絞るのだ。




【Day3】:公式決勝レース


決勝日朝のウォームアップ、前夜からぐずついた空が
ついにしびれを切らし、路面を濡らしだした。

急遽、始まったウエット走行は ST5クラス 1位/総合44位と上位クラスの間に入った。

しかし、予選1位のNo.4 も1/100秒差ですぐ後ろに。

決勝は、トップ周回とタイム差1%以内で同一周回が保てる予定だが
天候次第で燃費を含めたペース配分をどこまで
上位チームに合わせることができるか勝敗のカギに。



そしてPITウォーク。

沢山の方々がご来場いただき

RQの「ブラッド♥エンジェル」、Hikaru/高宮しおり/山本めいが

1年生チームのピットを賑わせる。

多くのファンの方と触れ合えるのもS耐を含むレースの醍醐味。
もっと、身近に感じて観戦に来て頂けるよう
「クマケン&ブラッドスポーツ レーシング」も成績を残したい。


=============


・決勝スタート



天気予報どおりの曇り空、気温も穏やかでドライバーに優しいドライスタートとなった。

Aドライバー 松尾選手により順調にスタート、 最初のスティント30周を
途中順位を一つ下げるが無理なくトップと同一周回で交代。



引き続き、大岩選手が9位で周回

他車のピットストップにより 45周目に3位まで順位を上げたところで

49周目に痛恨のミッショントラブル。

グリーンに一旦クルマを止めるが再スタートができ
ピットインしミッションの交換が行われた




その後、3番手三木選手のドライブから
残り時間1時間15分で なんとかコースに復帰するも
計算上で2-3周ほど完走に足りない。

しかし、最後まで何があるか分からない。

残り時間、マシンをゴールまで持っていく。


三木選手で22周回後、
S耐規定の最低3回の ピットインの最後を給油、松尾選手に交代で完了。



最後のスティント、
5時間目を最後尾ながら チェッカーを迎えることができた。



結果は、完走規定 クラスTOPの70%周回を満たすことができず
残念ながら順位認定にはならなかった。

シリーズを通すと手痛い一戦となったが

ホームコース岡山以外でのレースで勝負になるか?という部分には
データの収集が出来て、次に繋がる事ができた。


次回、仙台 SUGO も応援よろしくお願い致します。

レースの写真は今回もFacebook 限定グループ
「BloodSports写真部」にてアップしています。

https://www.facebook.com/groups/672093709577270/


Report Stringer_3106


Special Thanks ! Our Partner

Kumaken & BloodSports Racing 2016シーズン ドライバー紹介です。

まず、第一戦 ツインリンクもてぎ に参戦するメンバーからご紹介

シーズンが進むにつれ増えていく予定です。



【A】ドライバー



松尾 充晃 選手 Mitsuaki Matsuo

昨年、Vitzレース 各シリーズに参戦し
スーパー耐久 岡山国際ラウンド では2位入賞するなど
今年のS耐フル参戦にむけて、着実に準備を整えてきた。

2016年は、S耐と新しくFit1.5チャレンジカップにも挑戦中!
今回の目標はシリーズチャンピオン及び優勝

【プロフィール】

1973.7月生まれ
京都府出身


【主な戦績】

S耐'15 Rd.5 OKAYAMA ST-5クラス2位

【コメント】

去年よりスーパー耐久ST-5クラスにて優勝する為に
チームと共に技術を磨いてきました!

皆様のその目で僕の成果を見届けてください!
宜しくお願いします!

 

 


【B】ドライバー



三木 孝浩 選手 Takahiro Miki

SRファクトリーの顔として、数々のレースに参戦経験を持ち
今シーズンはS耐レギュラードライバーとしての活躍に期待!!

【プロフィール】

1971.8月生まれ
京都府出身

【主な戦績】

S耐'15 Rd.5 OKAYAMA ST-5クラス2位




【C】ドライバー(もてぎスポット)



大岩 浩気 選手 Kouki Oiwa

今回のもてぎから、スーパー耐久デビュー。
昨年、Vitzレースの関東シリーズのレギュラー参戦中に
同時に参戦中していた、当チームと意気投合、
今回参戦のきっかけとなった。

爽やかなヴィジュアルイメージどおり
スムーズかつ、的確なスライドコントロールで
初参戦と入賞を目指す!

【プロフィール】

1984.1月生まれ 
東京都出身

【主な戦績】
vitzrace関東シリーズ参戦
fit1.5cc参戦

【コメント】

レース参戦2年目ですがこの様な舞台で
レースが出来ることを幸せに思います。

全力で頑張るので応援宜しくお願いします。

他クラスとの混走なのでいかにロスなく抜かれるかを大切に、
良いレースをしたいと思います。

ST5クラスはレース中、ほぼ後ろを見ながら走る特殊なクラスですが、
参加台数は全クラス中2番目に多い激戦区で見応えのあるクラスです。

11号車の隈元建設×BSR WM☆vitzの応援宜しくお願いします!

 



皆さまぜひ応援よろしくお願いいたします。

オフィシャルサイト チーム紹介ページ

Kumaken Racing Web Site