BloodSports History 沿革・歴史

1995年〜

シビックレース参戦を中心にレース活動を行っていました。
1998年

法人化(有限会社エスアールファクトリー 設立)
次第に増えるレースカーメンテナンス業務とともに、
中古車販売を事業化し法人としての活動を開始致しました。
モータースポーツの普及のため年に3回の(岡山・鈴鹿)走行会を主催

1999年世界初 ナンバー付き車両レース Vitzレースにも参戦開始
並行してシビックワンメイク・インテグラワンメイクにも参戦

2001年

ディーラーチームのメンテナンス業務をメインに移行
2003年自社ブランド「BLOOD SPORTS」立ち上げ
関西地区Sオートバックス様数店舗にて販売協力を頂きました。
2009年中古車販売店を閉店し、バイク事業部 「ストリンガー」開店
2010年バイク事業部 カスタム車両にて
大阪モーターサイクルショー出展
2011年この年を最後にVitzレース活動休止
(メンテナンス業務のみ受託)
2012年・スーパー耐久 岡山国際 St-5クラス スポット参戦 
・大阪モーターサイクルショー出展
2013年・スーパー耐久 富士・岡山国際 ST-5クラス スポット参戦
・TRDラリーチャレンジ参戦 
・チーム名を「BLOOD SPORTS RACING」とする。
2014年・Vitzレース 関東最終戦スポット・グランドファイナル参戦
・岡山チャレンジカップ参戦
・ TRDラリーチャレンジ年間エントリー
2015年・GR Netz Cup Vitzレース
関東・関西シリーズフル参戦 東北もてぎ・西日本スポット参戦
・スーパー耐久シリーズin岡山 2h St5クラス参戦
2016年

・スーパー耐久シリーズ フル参戦 
・Fit1.5チャレンジ鈴鹿/もてぎスポット参戦
・GR Netz Cup Vitzレース関西シリーズスポット参戦
・「BLOOD SPORTS」を商標登録